Doorkeeper

LEGO MindStorms Hackathon

2016-07-16(土)10:00 - 20:00

詳細

LEGO MindStorms Hackathon?

今回のHackathonでは、「子どもが喜ぶロボット」を作るをテーマとしています。
皆さんが子どもの事に触ったことがあると思うLEGOでロボットを作ってもらい、
1日限定でロボットの組み立てからプログラミングまでを行ってもらいます。
ロボットの形などは自由に設計して頂いて構いません
優秀賞を一つだけ選ばせて頂きます。

LEGO MindStorms(レゴ マインドストーム)とは?

MIT-マサチューセッツ工科大学と共同開発された
ロボティクス製品・教育版レゴ マインドストーム。
頭脳部品インテリジェントブロックにプログラムすることによって、
レゴブロックで組み立てたロボットを自由に制御することができます。

必要なもの

・ノートPC
-PCでプログラミングしたい方のみ
-無くてもプログラミングできます。

・PCを使用する方のみ

開発環境が必要になってきますので、事前のインストールをお願いします。
GUIのみのプログラミングの場合;http://www.lego.com/ja-jp/mindstorms/learn-to-program

C言語でプログラミングする場合:
↓動画[microSDが必要]↓
https://www.youtube.com/watch?v=i3Cc2XTUZm0

タイムテーブル

時間 内容
09:00 受付・入場開始
09:30 ルール説明
10:00 チーム決め
11:00 企画発表会
11:30 Hackathon開始
18:30 発表会開始
19:00 試遊会
19:30 優秀賞発表
20:00 完全撤収

ルール

・LEGO MindStorms EV3基本パックは、6台を主催側で用意いたします。
・LEGO MindStorms EV3追加パックについては、1台用意しております。
・基本的に3人1組のチームで開発をして頂きます。
・ チームで参加される場合は、代表者だけでなく、チームメンバー全員で参加登録してください。
・ 個人で参加される場合は、会場でチームを組みます。
・チーム参加されたグループに個人参加の方が入る場合もございます。

アイデアについて

チームを組み、アイデアが決まった所から組み立てて貰って構いません。
また、チーム参加で事前に考えて貰っても構いません。
個人参加でも内容を決めていても大丈夫です。
LEGOの追加パックが必要なチームは、企画発表後に使用するチームを決定します。

作品の扱いについて

こちらのHackathonで作られた作品については後日、他のイベントで使用する可能性があります。
その点をご了承の上、ご参加お願いします。

主催:

Hiroshima Student Community
Hiroshima MotionControl Network

後援

公益財団法人マツダ財団

運営

運営代表:岡本 拓也(広島工業大学)
問い合わせ:b213036@cc.it-hiroshima.ac.jp

コミュニティについて

HSC (Hiroshima Student Community)

HSC (Hiroshima Student Community)

広島の学生が主催で様々なイベントを実施するコミュニティです 学生と社会人が交流できる場を多く作ることを目的としています。 現在、HSCのイベント情報に関しては以下のページで公開するようにしています。 https://hsc.connpass.com/ また、Facebookでもイベントの告知をしています。 【活動記録】 第4回 VR Game Jam in Japan 広島会場 で作る...

メンバーになる